人工ジルコニウムとブロックチェーンテクノロジーを融合させたZrCoinとは?

現在ICOを行なっているZrCoinというコインが存在するが一体どんなものなのだろうか?

天然のジルコニウムよりも効率的な工業利用可能な独特の人工ジルコニウムとブロックチェーンテクノロジーを融合させたのがZrCoinである。ロシアのこのプロジェクトはZrCoinによって効率的に人工ジルコニウムを作り出し、自然をクリーンにそしてコインホルダーのウォレットを豊かにしようとしている。

現在1296名より2億円近くが集まっている。このZrCoinはWavesプラットフォーム上に発行されエスクローとしてWaves開発者も加わっている。プラントのオープンには3,500,000ドルが必要となる。ICOで集まった資金によりロシアにて工業地域の不動産の購入、施設の建設そして2018年2月までに市販品の(Synth。 ZrO2)の最初の販売と出荷を目指している。2018年3月にはZrCoinのBuy-Back、もしくは人工ジルコニウムとの交換、さらにIPOとして株式との購入も可能となる予定だ。

ZrCoinのホワイトペーパーはこちら
ZrCoinのビジネスプランはこちら
ZrCoinの公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。