WORLD WIFI:売れ残ったトークンはBURNされ、チームは一定トークンを凍結する

WORLD WIFIプロジェクトは無料でWIFIを利用できるシステムを構築することを目標としている。

トークンモデルとしてはルーター所有者はWorld Wi-Fiトークン(WT)を報酬として受け取り、WIFI利用者は短い動画を見れば無料でネットワーク接続ができるというものだ。

現在プレセールを行なっているが、セール全体で売れ残ったトークンはBURNされる。さらに運営側が売り抜けることができないように運営側が所有するトークンは一定期間凍結されるようだ。

WORLD WIFIのホワイトペーパーはこちら

セール自体のソフトキャップが3,500,000ドル、ハードキャップが25,000,000ドルとなっている。合計で258,000,000トークンが売りに出される。

セールスキームとコスト構造は以下のようになっている。

セールは3月18日から予定されているがすでにプレセールがスタートしており15%のボーナスが付く。取引所への上場は5月を予定している。

WORLD WIFIの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。