WORLD WIFI:イーロンマスクのSpaceXとの違いは?!

WORLD WIFIプロジェクトは無料でWIFIを利用できるシステムを構築することを目標としている。

トークンモデルとしてはルーター所有者はWorld Wi-Fiトークン(WT)を報酬として受け取り、WIFI利用者は短い動画を見れば無料でネットワーク接続ができるというものだ。 現在プレセールを行なっているが、セール全体で売れ残ったトークンはBURNされる。さらに運営側が売り抜けることができないように運営側が所有するトークンは一定期間凍結されるようだ。

WORLD WIFIとイーロンマスクのSpaceXとの違いは?!

両プロジェクトは簡単にアクセス可能なインターネットで惑星を覆うという非常に野心的な目標を持っている。

しかし、イーロンマスクは衛星を軌道に乗せることに専念しており、WORLD WIFIはブロックチェーン技術に基づいてグローバルな分散型Wi-Fiネットワークを構築し続けている。

WORLD WIFIの計画は、民間のルータの助けを借りて人々が追加の収入を得ることである。

同じ聴衆、つまり全世界を対象とし、異なる手段を使用する。スペースXとは対照的に、WORLD WIFIは世界的にWi-Fiを広めるための新しいインフラを構築するつもりはない。既存のホットスポットを採用する予定である。

イーロンマスクのプロジェクトは画期的なものだが、World Wi-Fiはルータ所有者にインターネットアクセス容量を共有して追加収入を得る機会を提供している。
WORLD WIFI:売れ残ったトークンはBURNされ、チームは一定トークンを凍結する

WORLD WIFIの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


ETH TOWN

ETHTOWN