ウィキリークスはビットコイン以外の暗号通貨による寄付も受け付ける

ウィキリークスは匿名で政府、企業、宗教などに関する内部告発情報を公開するウェブサイト「ウィキリークス」はビットコイン以外の暗号通貨による寄付の受付を開始する。

ウィキリークスの創始者であるジュリアン・アサンジ氏のツイートにより明らかになった。

ツイートによると、Visa、MasterCard、PayPal経由でウィキリークスへの寄付を処理するための組織PressFoundation(FPF)のサービスが突然停止したことが経緯のようだ。

また、ユーザーがウィキリークスのオンラインショップで暗号通貨を利用し、商品を購入することもできることを明らかにした。

オンラインショップでは、イーサリアムブロックチェーン上で猫を育成するゲームCryptoKitties
Official WikiLeaks CryptoKittiesを発表した。

アサンジ氏は「暗号通貨は世界の金融システムを変えるだけでなく、創造的な革新を生み出しています。」と述べた。

ビットコインの威力を寄付によって体感しよう。インターネットの世界に重要な4つの寄付先

ジュリアンアサンジ『ビットコインに投資させてくれてありがとう50,000%のリターンだ』

参考元
coindesk.com