リップル(XRP)の価格上昇

リップル(XRP)の価格上昇

リップルネットワーク内で流通している独自通貨、XRPとは一体なんなのだろうか?

そもそもリップルプロトコルとは?

現在リップルラボが目指しているのは、送金が手数料無しに瞬時に出来てしまう世界である。
例えば、友人間で瞬時に円を送金したり、日本国内からアメリカへ送金する際に瞬時に円をドルへ変換し、手数料無しで相手に届けられるような世界だ。

この話だけを聞くと、XRPはどこにも出てこない。
しかし、現在のリップルの世界ではXRPが必要不可欠なのだ。

上の例で示した、円→ドルと変換する際にXPRが使われている。円→XRP→ドルと一回XRPを経由しているのだ。

なぜわざわざXRPを経由するのか?

これは円(JPY)やドル(USD)が、ゲートウェイによって発行された仮想通貨だからだ。
つまり、円を発行するゲートウェイとドルを発行するゲートウェイが別々の会社であるために、円→ドルと直接変換出来ないのである。
円、ドルはそれぞれ中間材であるXRPとは交換出来るため、円→XRP→ドルと中間にXRPが来ることになる。

XRPへの投資

現在リップルプロトコルを使って送金をしている人間は国内では居ないだろう。
しかしながらなぜXRPを保有している人間がいるのか?それはXRPに投資しているからである。
リップルラボ社はXRPについては短期的に魅力のある投資商品では無いと話している。

リップルの取引では取引毎に微量のXRPが消滅していく、銀行がリップルプロトコルを導入していき取引量が増えることにより、XRPの価値は徐々に上がって行くのだ。

リップルをビットコインの様なものだと勘違いしている人が非常に多い。
自分の投資しようとしているものが一体どういったものなのか、事前に徹底的に調べるべきである。

ビットコインの様なものだと勘違いしていたXRP保有者はこの機会にリップルについてもう一度勉強してみて欲しい。


GameCredits

GameCredits

1 Comment on リップル(XRP)の価格上昇

  1. リッブルの先々が楽しみです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA