LendoitのLOANトークンとは一体?

Lendoitは、スマートコントラクトとブロックチェーン技術の利点を使用して、信頼できる、迅速かつ簡単な方法で、世界中から借り手と貸し手を接続する、非中央集権型の P2P 融資プラットフォームである。プラットフォームの中心には独自トークンであるLOANが存在する。

Lendoitトークン、LOANは、ERC20準拠のトークンである。LOANトークンの使用は、市場のすべての参加者にインセンティブを与え、報酬を与えながら、プラットフォームの適切な機能を保証する。

Lendoitが負担するすべての手数料は、貸出金に含まれている。 – LendoitがSmart Loan契約から手数料を徴収すると、スマートコンバージョン契約によって自動的に処理され、LOANで支払われる。

1.貸し手になるためのアクセス – 貸し手の入札に参加し、スマートローン契約に資金を貸すには、貸し手は貸し出したい金額の10%に相当する金額の貸付金を保有しなければならない。

2.借り手になるためのアクセス – 借り手は、ブロックチェーン上でスマートローン契約を公表するために融資を行う。

3.プロバイダーになるためのアクセス – スコアと検証プロバイダーは年間費用をLendoitへのLOANで支払う。

4.コレクションへのアクセス – コレクターのオークションに勝利した後、コレクターは、収集情報(住所、借り手の詳細など)を提供するために、LANOをLendoitに支払う。

5. Lendoitが請求するすべての手数料は、融資に含まれている。 – LendoitがSmart Loan契約から手数料を徴収すると、スマートコンバージョン契約によって自動的に処理され、LOANで支払われる。

6.すべての利払いは、貸付金の貸し手に支払われる – 貸し手がスマートローン契約から利回りを引き出すと、そのプロセスはスマートコンバージョン契約によって自動的に行われます。

Lendoit:アルファ版が登場

Lendoit:トークンセールに関するアナウンス、プレセールでは20%ボーナス

Lendoit公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。