DECENTのクラウドセールとは一体!?

分散型メディアを構築するDECENTのクラウドセールとは一体なんだろうか?
DECENT FOUNDATIONのヴィジョンはブロックチェーンによって支えられた信頼できるワールドワイドなデジタルコンテンツ配信サービスを構築することである。

DECENTJPN

本、ブログ、ポッドキャスト、ビデオなどの作者はサードパーティーや検閲、出版費用なしでコンテンツを販売できる。あなた自身でコンテンツのコントロールが可能で値段は自分で決定する。DECENT自体はあなたの利益からなにも受け取らない非営利プロジェクトである。

DECENTは非営利プロジェクト故に直接の投資は不可能である。もしもDECENTのポテンシャルに期待している場合はクラウドセールでDCTを購入することができる。DCTはDECENTが他のアルトコインとは異なることを実現させる重要な内部通貨であり、インターネット上でのデータ配布を全く新たな方法で行うためのものである。

DCTはどのように使われるのか?

作者がコンテンツ販売をする際にはデータはパブリック/プライベートのキーペアに暗号化される。そしてデータとプライベートキーはpublisher(パブリッシャー)と呼ばれるいくつかのホストに分配されるため中央サーバーは必要がなくなる。ビットコインマイニングのインセンティブシステムと似ていてpublisherがDECENTチェーンのblockを確認するとDCTという暗号通貨が報酬として与えられる。

暗号化されたファイルにアクセスするためには消費者はコンテンツの販売価格に達するための十分なDCTを送る必要がある。トランザクションが完了したら、publisherは全てのファイルとキーとかけらを新たなオーナーに送り、定められたDCTはコンテンツ作者に渡る。DCTはDECENTプラットフォームを支える重要な役目を果たし、プラットフォーム自体の価値が上がることによってDCTの価格も上昇することになる。

DECENTプロトタイプ

DECENTのホワイトペーパーはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。