国際送金業務大手Westan Union、Coinbaseインテグレーションを発表

スペイン、マドリッドで行われたMoney Conf 2017にて国際送金業務大手ウエスタンユニオンのCTO Dacid Thompson氏は、ビットコイン取引所であるCoinbaseのインテグレーションが試作されていることを明かした。

カンファレンス内で、現金による送金は今後暗号通貨により減少するのではないか?という問いに対して彼は、「それはないでしょう。むしろ現在発展途上国におけるWestan Unionの現金取引量は増えている。現状規制当局により暗号通貨の匿名性が普及を妨げている。」と語った。

しかし、ローンチ日などは決まっていないながら、昨年秋より開始した上記の開発は続けられており、今後正式なアナウンスがあるとみられる。
ウエスタンユニオン、ビットコインに適用する取引分析システムの特許出願を行う

彼はこの開発に関して暗号通貨取引のためではなく、送金のバックエンドに関するものであることを強調した。さらに、暗号通貨に対する規制や法律が整うまではプラットフォームのローンチは行われないことを言及した。

ウエスタンユニオンは数年前にリップルとパートナーを組んだが、その後の進展は発表されていない。しかしチームはこの技術が適応可能なユースケースの研究は行っていたようだ。ブロックチェーンを用いたKYCコンプライアンスの取り組みを行っていることも明かした。

また、リアルタイム決済やスマートコントラクトの結合に関する調査も行っており、記者からの質問に「世界中で規制が整えば暗号通貨による決済が行われる日も来るだろう」と述べた。

今後、暗号通貨が広まり規制が整うことでウエスタンユニオンなどの送金業務を行う企業は、現在の金融サービス上で起こるあらゆる問題を解決し円滑な送金業務が実現されるかもしれない。

参考元
coindesk.com