財務力格付けを行うWeiss Ratings, LLCはビットコインなどの各種暗号通貨の格付けを行う

金融機関や保険会社に関する財務力格付けを行う機関「Weiss Ratings, LLC」はビットコインなどの各種暗号通貨の格付けを行った。その中にはスキャム疑惑なども噂されたあのコインも含まれている。この格付け結果は現地時間24日に発表される。

この格付けは各コインの技術、使用法、および取引パターン上の何千ものデータポイントの分析に基づいている。

格付けに含まれる暗号通貨は以下となっている。

Bitcoin、Ethereum、Ripple、Bitcoin Cash、Cardano、NEM、Litecoin、Stellar、EOS、IOTA、Dash、NEO、Monero、Bitcoin Gold

Weiss Ratings, LLC CEOのMartin D. Weiss氏は「多くの暗号通貨は、過大評価され、クラッシュに脆弱です。市場は堅牢で公平な格付けを必要としています。」と述べた。

1971年に創設されたWeiss Ratingsは、55,000の機関と投資案件の評価を行っている。その独立性と正確さは、米国政府会計検査院(GAO)、バロンズ、 ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズなどによって注目されている。

参考元
finance.weissratings.com


ETH TOWN

ETHTOWN