Waves:新たなプラットフォームのパブリックベータをローンチ

18カ月間の開発期間をかけ、Wavesは最も強力でユーザーフレンドリーなブロックチェーンプラットフォームをリリースするとしている。 Wavesクライアント1.0は、本日より開始され、ビジネスとユーザーを主流にして完全に再設計されたクライアントをもたらす。

Waves Client 1.0は、オンラインバンキングや取引プラットフォームのユーザー体験を向上させるために、完全に再設計されたインターフェイスを備えている。 その結果、シンプルで直感的なナビゲーションが可能なきれいで洗練されたUIが提供され、ユーザーが以前にブロックチェーンのクライアントやアプリケーションを使用しているかどうかに関係なく、すべてのプラットフォームの強力な機能にアクセスできるものとなっているようだ。

元のウォレットのすべての機能は、他の従来のオンライン金融アプリケーションと同じように簡単に使用できるように再設計されている。

登録は迅速でスムーズ、シードを確実にバックアップするための控えめで新しい方法があり、アカウントには、認識を容易にするための一意の識別子とアバターを割り当てることができるようになった。業界のベストプラクティスは簡単な送受信操作に適用され、ポートフォリオはドル相当の価値と日々の変化を示すように再設計された。同様に、トランザクション履歴は、トランザクションを1日にグループ化し、すべての情報を便利に表示するように改訂。

Token LauncherおよびLeasingタブは、以前は複雑で時には混乱を招いた2つの操作として、大きな注目を集めていたが、特に、リースは現在は非常に簡単なプロセスとなった。さらに、暗号取引のコミュニティに最も印象づけるのはWavesの分散型取引所だ。 DEXのインターフェイスは、使い慣れたレイアウトと、熟練したトレーダが必要とするすべてのツールを備えている。

Wavesクライアント1.0はこちら