ウォールストリートがビットコインのボラティリティー問題を解決する?

暗号通貨トレーディングテクノロジーファームSFOXのデータによると2018年は暗号通貨市場の価格変動が減少している。彼らはウォールストリートの大手企業が市場に参入すると、その傾向がより安定すると主張した。

2018年以前、取引所間のビットコインの価格差が4.5%にも及んでいたが、機関投資家が積極的に取引を始めた現在、価格差は1%に減少したとしている。価格変動の減少はより多くの商人がビットコインを受け入れやすくなり、これは幅広い採用につながる可能性がある。

先月にはゴールドマン・サックスとニューヨーク証券取引所の親会社であるIntercontinental ExchangeがMicrosoft、BCGと共にグローバル・ネットワーク上で暗号通貨を購入、販売、保管することを可能にするBakktという新しい会社を立ち上げると発表した。
スターバックスはマイクロソフトと協力し、ビットコインでコーヒーの購入を可能にする

Grayscale Investmentsは今年の暗号通貨市場への資金流入量の半分以上はいわゆる機関投資家からのものであるとの見通しを示している。

今後この傾向が続けば価格変動は減少し、Satoshi Nakamotoのビジョン「Peer-to-Peer Electronic Cash System」も実現可能だとSFOXのCEOは語った。

ウォールストリートがビットコインの価格を押し上げる?

参考元
businessinsider.com