VoxelusとUpholdがパートナーシップを結ぶ

暗号通貨と仮想空間は非常に相性が良いだろう。過去に流行ったセカンドライフという仮想空間では投機目的でリンデンドルや土地を買い漁るユーザーが続出した。開発者達は仮想空間をネクストレベルにもっていこうとしている。オキュラスなどのVRを使った世界だ。VRの世界でも通貨や土地、アイテムなどが投機の対象となることは間違いない。

クラウドベースの金融サービスを提供するUpholdとヴァーチャルリアリティーベースプラットフォームのVoxelusはパートナーを組んで、ユーザーがVOXをUphold上で購入、トレード、保管できるようにした。手数料はかからない。

Voxelusはコード知識のないユーザーでもヴァーチィアルリアリティーゲームをプレイしたり、簡単にコンテンツを作れるようにするプラットフォームである。

これからはさらにフィンテックと仮想通貨が注目され、従来のテレビや銀行サービスは終わりを迎えていくだろう。Volexusのローンチは今春を予定している。

参考元
bitcoinist.net