UTRUST:未来のペイメントプラットフォーム

PayPalなどのシステムは広範に使用されているが、機能は限定され、低レベルのビジネスアプリケーションであり、暗号通貨ユーザーにはアクセスできない。 これらのシステムは一般的に普及しているが、真のピアツーピア(P2P)ではなく、集中型ハブに対する巨額の利益を生み出している。

オンライン決済市場であるUTRUSTは、PayPalと他のオンラインプラットフォームの利点をブロックチェーン技術と組み合わせて、究極のオンライン決済ゲートウェイを生み出すことを目指している。 ブロックチェーン技術は、自分のゲームでこれらのプラットフォームを打ち負かすために必要な力を提供する。

欠けている部分

暗号通貨の世界は爆発的になった(ビットコインの最近のピークが最も明瞭な指標です)。しかし、現金通貨スタイルのトランザクションに暗号通貨を利用する堅牢な技術は、遅れている。一部の企業では、商人のためにビットコイン支払いゲートウェイを作成しており、P2P支払いは技術に精通した人にとっては比較的簡単だが、B2C取引は引き続き課題に直面してる。

暗号通貨の世界の中でのボラティリティは、商人や消費者にとっても使い勝手が制限されている。彼らが受け取った支払いの実際の通り価値が突然全く異なるものとなる危険があり、多くの商人を市場から守る必要がある。

さらに、市場に毎日登場する多くの新しい暗号通貨に対応する必要もあり、利用者の保護も重要となってくる。

バイヤーのための暗号

バイヤーとセラーはオンライン取引から一定のサービスを受けるようになり、暗号世界の問題は消費者に不足をもたらした。 しかし、UTRUST https://utrust.io/#は、取引を平準化するためにバイヤーの保護と暗号を提供することにより、信頼の基盤を確立することによって、これらの問題のいくつかを解決しようとしている。

バイヤーにとって、同社はPayPalと違ってシンプルで効果的なバイヤー保護プログラムの提供を開始するが、これは暗号世界で初めてとなる。 また、セラーが多数の暗号化通貨を受け入れるためのポータルを開くことにより、UTRUSTは買い手にとってシンプルで簡単な暗号通貨の購入を可能にする。

UTRUSTの設立者であるヌノ・コレア(Nuno Correia)氏は「UTRUSTは購入者に購入保護を提供する世界初の暗号化支払いソリューションです。 PayPalの次世代バージョンはブロックチェーンをベースにしており、オンライン決済をより安全かつ迅速かつ安価にするように設計されています。」と述べている。

UTRUSTはプレセールと個人投資家からすでに350万ドルを調達し、現在ICOを開催している。セールは残り10日間で終了する。

UTRUSTの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。