米国最高裁判決にてビットコインが登場。「お金は時間をかけて変わっていく」

米国最高裁判所は21日、鉄道運営会社であるウィスコンシン・セントラルの従業員ストックオプションの行使について課税すべきかどうかに関する判決を下した。

その際、スティーブン・ブライヤー裁判官は「私たちの通貨にはもともと金貨と金地金が含まれていた。1934年以降、金は交換の媒体として使用できなくなりました。もしかしたらある日、従業員はビットコインまたは他の種類の暗号通貨で給料を受け取るかもしれない。」と「変化するお金」の一例としてビットコインを用いた。

ブレイヤー氏の見解には、Money:Unauthorized Biography( From Coinage to Cryptocurrencies)の引用文が含まれていた。

この裁判は過半数が、従業員にストックオプションの行使が「金銭報酬」ではないとしたため、課税すべきではないとの判決が下された。スティーブン・ブライヤー裁判官は「金銭の幅広い理解」を主張し、ストックオプションは課税されるべきだと述べた。

先週、米国証券取引委員会(SEC)はビットコインとイーサリアムは有価証券に分類しないとの判断を下した。SECは現状、ビットコインは通貨ではなく商品であるとみなしている。

参考元
bitcoinist.com