米政府、ビットコイントランザクションの非匿名化プロジェクトを開始

核開発などを行う米国の施設Sandia National LaboratoriesのSandia Researchはビットコイントランザクションの非匿名化を行うツールの開発を行っているようだ。

ビットコインは完全にメインストリームとなったわけではないが、その機能性の認知、知名度は着実に広まっている。世界的に見ればビットコインの支払いを受け付けるビジネスも増えつつあり、給料や決済をビットコインでやりとりするビットコイナーも増えている。ビットコインを完全に理解することは難しいが、使用することはなんら難しいことではない。それゆえ、政府は文字や数字の羅列ではなく、ビットコインのトランザクションと特定の個人を結びつける手段を欲しがることは不思議ではない。

Sandia ReserchのAndrew Cox氏は「我々のチームの仕事はビットコインがどのように働くか理解することである。暗号通貨の非匿名化は国家経済へ利益をもたらすだろう。」と述べている。
彼はブログで、犯罪者はビットコインを利用するパイオニアであるのは明らかだ。ドラッグや銃、児童ポルノなどこの種のすべての最悪な要素に用いられている。と記している。また彼はビットコインの非匿名化への手っ取り早い方法はないとも述べており、容易なことではないことも記している。

Sandia Reserchはアメリカ合衆国国土安全保障省により運営が行われており。彼ら法執行機関、それらのエージェントはリアルタイムで捜査ができるグラフィカルインターフェイスの導入を望んでいるのだろう。

研究は、違法な取引を行うビットコイントランザクションにフォーカスを絞って、違法な暗号通貨ユーザーを違ったアルゴリズムを用いて非匿名化する実験を行っているようだ。

これは我々が特定のユーザーの名前を得られるという意味ではない、なぜならビットコイントランザクションと名前が結びつけられていないからである。だが、いくつかのトランザクションは同じユーザーによりコントロールされていることがわかる。とブログに記している。
また、非匿名化を行う実験に多くのストレスを募らせている様子がうかがえる。

近々ヨーロッパでビットコインに匿名性はなくなる

参考元
themerkle.com



GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA