米国市民はビットコインで所得税の払い戻しが受け取り可能に

暗号通貨支払いプロセッサーBitPayと税務サービス企業Refundoは共同でCoinRTと呼ばれる新たなプログラムを開始する。Refundoのユーザーはビットコインで連邦または州所得税の払い戻しを受け取ることが可能になる。

Refundoのシステムを使用した納税者には、BitPayのペイアウトにリンクされたルーティングとアカウント番号が提供され、払い戻し金がこのアカウントに振り込まれると、BitPayは現金をビットコインに変換し、ユーザーが提供した任意のウォレットアドレスに送信する仕組みだ。

カナダ、オンタリオ州の街Innisfilや米オハイオ州はビットコインによる納税を受け入れている。

カナダ、オンタリオ州の街Innisfilは固定資産税の支払いにビットコインを受け入れるカナダ初の自治体となる

米オハイオ州はビットコインによる納税を正式に受け入れる

参考元
bitcoinmagazine.com