UQUID:世界中で90種類の暗号通貨を利用できるデビットカードがICOを発表

UQUIDは、ユーザーがヴァーチャルデビットカードを通して90種類の暗号通貨を使うことを可能にする世界最高水準のサービスで、エコシステムをさらに発展させるために1億ドル相当の暗号通貨を調達するためにイニシャルコインオファリング(ICO)を開催すると発表した。 UQCは、90種類の暗号通貨を瞬時に手ごろな価格で現金化できるようにすることで、ブロックチェーンの電子商取引の革命を開拓していく。

UQUIDアカウント作成、ICO参加方法

ボーナス受け取りに関する重要な日付

UQCは、BTC、ETH、および88の他のアルトコインを使用して購入することができる。 1 ETHは現在222 UQCに相当する。 Early Birdの販売は10月2日午前10時GMTから始まり、UQCトークンを投資家に初めて提供する(20%割引)。この割引は10月7日から10%に減少し、さらに10月12日までに5%に減少する。 10月17日以降、UQCは割引を提供せず、1 ETHに対して166 UQCの値で販売される。 ICO資金の45%は開発目的のために利用され、30%は運転資本に、15%は間接費に、5%は法律およびマーケティング支出に充当される。

UQUIDの解決策とサービス

UQUIDは、世界初の企業発行のアルトコインデビットカードで、1230億ドルの時価総額を有する90のコインをサポートしている。 アルトコインをモバイルトップアップに提供する世界でもトップクラスのサービスであり、世界中の600以上のモバイル事業者に受け入れられている。容易なアクセス – それはクレジット履歴チェックを必要とせず、世界178以上の国に無料で配送しており、2016年の開始から1,100万件を超える取引が処理されており、174カ国に51,000以上のカードが提供されている。

UQUIDは、バンドル、電気、食料雑貨品、固定電話、薬局、交通機関、テレビ、Wifiなどのさまざまなサービスの支払いに使用できる無制限のローディング機能(USD、GBP、EUR)を提供している。 UQUIDはE-Walletソリューションも提供しており、Paypal、Western Union、OK Payなど世界的に人気のある電子通貨交換パートナーの巨大なネットワークを持っている。

UQC:未来のためのロードマップ

UQUIDコイン(UQC)はUQUIDエコシステムによってサポートされ、デジタル通貨とのリスクフリーな取引方法を提供することにより、デジタル豊富なユーザーと物理世界を迅速かつ便利にリンクさせる。 UQUIDは、コインで金銭の譲渡を達成するという最終目標に向かって進むためのロードマップを明確に示している。彼らの次の目的は、コイン取引交換プラットフォームを作成することである。その後、アルトコインの利益を最大化するために社会コインマネジメントファンドに参加する予定だ。

そのブリッジを越えると、チームはカードなしの暗号支払いUQCショッピングシステムを構築してブロックチェーンの電子商取引に革命を起こし、ユーザーはAmazonやEbayなどの電子商取引サイトとCSSで直接接続できるようになる予定となっている。チームは2022年までに、UQUID銀行がブロックチェーンから世界中の現金または銀行への直接移転を完全にサポートできると予測している。

ICOに参加するためには事前にUQUIDのアカウントを作成する必要がある。アカウント作成方法はこちら

UQUIDの公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。