UQUID:現在およそ8億円を調達、残り21日でICOは終了

UQUIDは、ユーザーがヴァーチャルデビットカードを通して90種類の暗号通貨を使うことを可能にするサービスで、エコシステムをさらに発展させるために1億ドル相当の暗号通貨を調達するためにイニシャルコインオファリング(ICO)を開催している。 UQCは、90種類の暗号通貨を瞬時に手ごろな価格で現金化できるようにすることで、ブロックチェーンの電子商取引の革命を開拓していく。
UQUIDチームにインタビュー: 新しいカードはいつ発行するのか?日本マーケットも完全にサポート予定

現在UQUIDでは77種類の暗号通貨をICOで受け付けており、およそ8億円を調達している。ICOは残り21日で終了となっている。ここまで多くの暗号通貨を受け付けているICOは珍しい。

UQUIDチームにインタビュー: 新しいカードはいつ発行するのか?日本マーケットも完全にサポート予定

UQUIDの公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。