Uberアルゼンチン、Xapoとパートナーを結びビットコインでの支払いを受け付け開始

アルゼンチンライドシェアリングサービスUber子会社はビットコインスタートアップXapoとパートナーシップを結んだ。Uberアルゼンチンは地元当局によりアルゼンチンで発行されたクレジットカードでの支払いを受けられない事態になっている。4月にUberのサービスがスタートした際にはタクシードライバーたちが道路を閉鎖し抗議を行った。この後、ブエノスアイレス当局はUberが当局の許可なしにアプリのローンチを行ったとして厳しい取り締まりを行い、中心都市でのUberの利用を禁止した。不正競争防止法や税金等様々な複雑な問題によりUber は取り締まりうけた。同時にUberの支払いを受け付けていたクレジットカード会社に対しても厳しい警告が発せられた。

一般的なライセンスをうけたタクシードライバーは一定のトレーニングを受け、税金の支払いを行っているがUberのドライバーは行っていない。このことがアルゼンチンだけではなくメキシコやパリでも問題になっている。似たような事案では、日本でAirBnBが旅館法に触れているのではないかという議論が起きている。

サービス初日にはアプリ90,000件がダウンロードされ、25,000人のドライバーに対して20,000件のオーダーが来ている。現在はは約550,000件ダウンロードされておりドライバーも約37,000人抱えている。今回Xapoとのパートナーシップによりビットコインデビットカードの利用とビットコインでの決済が利用可能になった。以下Xapoアルゼンチンユーザに対して送られたメールである。

sTzLPzX

Uberをサポートして頂いてる皆様はクレジットカードの事情によりサービスの利用を受けられない状況です。
Uberはこれよりビットコインをサポートし、Xapoカードを利用することによりアルゼンチン内外問わずサービスを利用可能になりました。我々のパートナーシップによりディスカウントコードを提供いたします。

UBERconBTC: 初めての利用の際に100ペソを提供
BTCBA: すでにUberユーザーの方には30ペソの提供

いい旅を! Xapo Debit Card Team

パートナーシップを結び1週間ほどが経過しているが、すでに上記の報告によるデビットへのアクセスは増加しているようだ。

ビットコインデビットカードに関する記事はこちら

参考元
razorsforex.blogspot.jp



domeplatform