アメリカでデジタル通貨を描いたドラマ「Start Up」が秋より放映開始

米テレビ番組やハリウッド映画のオンライン配信を行うCrackleは今年9月6日よりデジタル通貨を描いたドラマ「Start Up」の配信を開始する。CrackleはSony Pictures Entertainmentの子会社でSonyが提供するストリーミングネットワークである。

「Start Up」はマイアミを拠点にGenCoinという暗号通貨について描かれている。有能投資家Nick Talman、ギャングのリーダーRonald Dacey、起業家のIzzy Morales、不正を行うFBIエージェントPhil Raskを中心にストーリーは展開される。4人の意外な関係性と人間が金に溺れていく様子、新たなテクノロジーが政治にコントロールされた世を侵食していく様子をスリリングに描いた作品となっている。

StartUp-TV-show-on-Crackle-season-1-premiere-canceled-or-renewed-e1468434567207-2

Redditでエピソード1がすでに公開されているが残念ながら日本では視聴することができない。

暗号通貨が登場する映画は年々増えており、映画を描く際に暗号通貨はかなり興味深い素材であることがうかがえる。
A$AP Rockyも出演している映画『DOPE』を観てみた

参考元
tvseriesfinale.com