これまでのICO(クラウドセール)で調達された金額は300億円以上

これまで様々なプロジェクトがブロックチェーン技術をゲーム、ストレージ、ギャンブル、コンテンツ配信、投資ファンド、スーパーコンピューティング、予測市場などに適応させ資金調達を行ってきた。そしてこれまでICOで集まったお金は300億円を超えている。

THE DAOに関しては1つのプロジェクトでなんと130億円以上の調達を行い、後に解散してしまった。

ICO(クラドセール)を行ったプロジェクトは集めた資金を開発資金に回す、これは新たなオフィス開設やプロモーション、雇ったメンパーの給料、遠征費などに充てられる。さらにプロジェクト側には販売した暗号通貨以外に自分達用がリザーブがされているためプロジェクトローンチ後にそのリザーブされたコインを売却してさらにお金を得ることができる。

ICO参加者はプロジェクトがローンチされ購入したコインの価格が上昇していればマーケットで売却し利益を得ることができる。これまでイーサリアムSpells of GenesisFactomSynereo、LISK、Augurなど多くのプロジェクトが価格を上昇させICO参加者を魅了してきた。

こちらにSmith + Crownが作成したこれまでのICO調達額のグラフが公開されている。

ICO詐欺のパターン

frustrated young business man

ICOには詐欺も存在し、資金を集めるだけ集めてローンチしなかったり、ローンチはするもののまともに開発せず価格が暴落し後に解散するというパターンも存在する。後者の場合は詐欺なのかどうかを見極めるのは非常に難しい。

直近ではNeuCoinがサポート終了をアナウンスし価格が暴落したが、実際のところは謎に包まれている。

公開されているコードやロードマップ通りに開発が進んでいるのかを確認する必要がある。ICOで大きな額を投入する場合には実際にプロジェクトメンバーに会ったりして確認することも必要かもしれない。

反対に、あまり資金が集まらなかったが、真面目に開発を行った結果セールされたコインが高騰する場合もある。Synereoなどはその1つで数千万円の調達から1時は時価総額が10億円近くまで上昇した。


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA