世界のトップMBAプログラムを提供する大学らは暗号通貨とブロックチェーンに関するクラスを新設

世界のトップMBAプログラムを提供するスタンフォード大学のビジネススクール、ペンシルベニア大学のウォートンスクール、ジョージタウン大学のMcDonough ビジネススクールは、暗号通貨とブロックチェーンに関するクラスを新たに新設する。

ペンシルベニア大学のウォートンスクールの教授であるKevin Werbach教授は、「Blockchain、Cryptocurrency、Distributed Ledger Technology」と呼ばれる講義を 2018年秋から担当する。

「近い将来、ビジネスには本当の現象が起こるだろう。そして5年後には、同様のクラスを提供していない大手ビジネススクールはなくなるだろう。」と語る。

彼はフィラデルフィアのビジネススクールでは、ブロックチェーンと暗号通貨に学生が興味を持っているということは確かだったとした。しかし、コースを追加する前に、彼は暗号通貨、ブロックチェーンが流行以上のものであり、ビジネス部門の学生に関連性があるということを示すことが必要であったとしている。

イギリス、ストラックライド大学が国内初のフィンテックコースを設立

スタンフォード大学、新たにビットコインエンジニアリングコースを今年からスタート

参考元
cnbc.com