東京JPYの口座が凍結

東京JPYの口座が凍結されている模様。
HPのトップではなにもアナウンスされていないが、入出金処理を行おうとすると、下の画像の知らせが出てくる。

スクリーンショット 2015-03-26 0.23.22

なぜトップページでは凍結されていることをアナウンスしないのか?

そもそも凍結という言葉を使わずに、協議中という曖昧な表現をしているのは一体なぜだろうか?
警察により口座が凍結されれば、警察からの事情聴取をクリアしなければ口座が解除されることはない。
つまり取引先銀行と協議を行っても全く意味がない。凍結でなければ何を協議しているのだろうか?
口座が凍結される場合には犯罪絡みのケースがほとんどである。

今後、ユーザーが保有しているJPYの保証はどうなるのか?

リップルトレードジャパンに関してリップルラボと協議をしているという意味不明なメールは会員には送っているが、口座凍結に関しては未だ一切の知らせは来ていない。

リップルトレードジャパンに加え、東京JPYによるJPYもリップルネットワーク内で彷徨うことになる。
この2つのJPYは日本円となり外の世界へ戻れる日は来るのだろうか。

参考元
tokyojpy.com


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA