東京金融取引所がビットコイン先物取引の上場計画を発表

bloomberg.comは東京金融取引所がビットコイン先物取引の上場を開始するための一環として1月よりワーキンググループを結成することを報じた。

CEOである太田省三氏は「金融商品取引法が金融商品として暗号通貨を認識すれば、できるだけ早く先物取引を行うことができる。それを実現させるために、ワーキンググループを立ち上げ、ビットコインの状況や、その見通し、どのような形で日本社会に根付くかを学ばなければならない。」としている。

先日、シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)は、ビットコイン先物取引を12月10日に開始するとアナウンス、さらにCMEグループも12月18日より上場を開始する。

ニューヨークのナスダックやゴールドマンサックスもビットコイン先物の取り扱いを検討しており、今後多くの取引所でビットコインが取り扱われる可能性がまた増えたこととなる。

参考元
bloomberg.com