昨夜の東京ビットコイン会議ではビットコインデビットカードが配られた

昨夜の東京ビットコイン会議は六本木Two DoggとPink Cowに挟まれたAmenro La Fiestaで開催された。このエリアはビットコインホットスポットである。Amenro La Fiestaはメキシコ料理のレストランで、ミートアップ参加者で満員となった。

Bitcoin meet up

ビットコインミートアップは毎週木曜に開催され、登録メンバーはすでに886名、飛び入りで参加するメンバーも多いため1000名以上がすでに参加していることになるだろう。

今回のミートアップもかなり豪華な参加者が集った。
ビットコインデビットカードWageCan: Franky Hu氏

Decentralized Bankプロジェクト: CEO MidasRezerv氏

マウントゴックス事件に関して取材を行っているIndependent JournalistのNathalie Stuckyさん

Input Output CEO,Charles Hoskinson氏などが参加していた。

Bitcoin meet up

会場ではプロモーションも兼ねてWageCanのデビットカードがプレゼントされたり、フィジカルビットコインである悟りコインが飛び交っていた。東京ビットコインミートアップコインというオリジナルトークンが配られる場合もあり、主催者と参加者の交流も活発に行われる。

参加者はミートアップでなにをしているのか?

ビットコインミートアップと聞くと、なにかオフ会のようでビットコインに関して詳しい人でないと参加できないようなイメージであるが、これからビットコインについて勉強したいという人も多く参加している。単に食事だけして帰るというのも問題ないだろう。ミートアップ開催地ではビットコイン支払いを受け付けているため実際にビットコインで食事を体験してみたい人にとってもぴったりだ。ビジネスアイディアを持っている人はミートアップで様々な天才たちに意見を聞いてみるのも良いかもしれない。このミートアップを通じて立ち上がったプロジェクトも少なくない。

参考元
meetup.com


Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA