The Water Project Inc、ビットコインを用いて新たなプロジェクトを開始

非営利団体であるThe Water Project Incはケニヤやサブサハラアフリカの地域に安全な水を届けるチャリティーを行っている。
ビットコインチャリティー団体BitGiveが501(c)(3)ステータスを取得

彼らは新たにThe Water Promiseというプロジェクトを開始した。
これは以前に実施された安全な水を届けるというだけでなく、長期にわたり維持し、またその自立を促すために現地チームとそれを遠隔から監視する装置を導入するというものである。

4パターンの寄付

98.5748 BTC: 学校への井戸、衛生設備の提供。

9.2874 BTC: 自治体へ水の提供

0.69BTC: 1家族への水の提供

0.1396: 1人への水の提供

と4種類の寄付が選択可能である。

現地のコミュニティーや公的機関を通し彼らは幾つかの違ったタイプのプロジェクトの資金提供が可能になった。井戸、ダム、雨水の貯水池、衛生や水源地の確保、家族への必需品の提供などである。

このような非営利団体の活動資金調達には今までPaypalや銀行振り込みなどで行われてきたがその効率性の悪さから彼らはビットコインをメインに調達することとなった。

今年に入ってからはすでにシリアの難民問題への寄付にビットコインが使われている。
BITNATIONがブロックチェーンを利用した難民支援プロジェクトを開始

世界中から集まった寄付金が銀行や第三の団体の手に渡らず必要としている人にダイレクトに届くビットコインは寄付にはうってつけである。

参考元
bitcoinmagazine.com
the-waterproject.org