The Qtumプロジェクトはエコノミーホワイトペーパーをリリース

Qtumブロックチェーンプロジェクトの開発を監督する組織であるQtum Foundationは、Qtum Blockchain Economy Whitepaperという経済白書を発表した。ホワイトペーパーには、財団の構造、ブロックチェーン、チーム、資金配分、トークン配布、ブロックチェーンの使用例が記載されている。 財団はホワイトペーパーをコード化するのを助け、Qtumのガバナンス構造、プロジェクト管理、リスク管理の開発を支援するビッグ・フォー・アカウンティング・ファームを雇った。 Qtum Foundationは、Qtum Blockchainの開発を監督し、透明性を主張し、オープンソースのエコシステムを推進する。

財団のガバナンス体制の設計は、主にQtumプロジェクトの持続可能性、管理の有効性、資本の使用および保全を考慮する。財団は、Executive Judgment、Code Review、Finance&HR、Marketing&PRなどのさまざまな委員会で構成されている。各委員会は、Qtumの日常業務と特別な機会を詳細な運用手順とルールで管理するため協力して作業する。『私たちは、このエコノミーホワイトペーパーを出版しています。なぜなら、私たちが規律ある組織であることをコミュニティに知ってもらいたいからです。 開始した時点では、ほとんどのブロックチェーンプロジェクトにはこのビジョンがありません。これはQtumを成功させるための基本的な違いの1つです。』 とQtumの創設者Patrick Daiは話している。

ホワイトペーパーでは、スマートコントラクトが変化する商業ルールや規制に一貫して従うことを可能にすることにより、ブロックチェーンとビジネス世界の間のギャップを埋めるためのサービスの配列を規定している。これらのサービスはまた、Qtumのスマートコントラクトが、株式市場、天気予報、ニュースエージェンシーなどからのリアルタイムのデータ入力と効率的にインターフェースできるようにしている。これらの拡張は、Qtumブロックチェーンの有用性に大きな影響を与える。

Qtumのホワイトペーパーには、Qtum Blockchainと従来のビジネスエンティティおよび政府機関との間のインターフェイスアレイを確立する財団の計画も詳述されている。『Qtumの目標は、個人や企業にとって最も安定した、ユーザーフレンドリーなブロックチェーンであることです。私たちは、人々が彼らと働いている人、コードの背後にいる人を知りたがっています』とDai氏は付け加えている。

Qtumについて

Qtumは、オープンソースの価値移転プロトコルであり、分散アプリケーションプラットフォームである。開発チームは世界中の複数の国から来ており、業界のトップエキスパートの集まりだ。シンガポールに本社を置くQtum財団は、プロジェクト開発を推進する意思決定機関である。 Qtum財団は、大規模な4つの会計事務所の1つにプロジェクト管理と会計サポートを提供することを約束した。

Qtum:スマートコントラクトをメインストリームへ
Qtumの公式ホームページはこちら


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA