XRPは将来廃止か?リップルラボとXRPの行く末

リップルラボがウォレットに本人確認を導入したことによりリップルの今後についての様々な憶測が飛び交っている。
リップルトレードの身元確認導入でXRPの価格は下落する

投資、投機ユーザーを切り捨て金融バックエンドに専念する

現在のリップルラボの流れとしては、金融インフラに革新を起こし即座なボーダーレス送金を実現しようとしている。
リップルラボ、アジア拡大は今が理想

今あるゲートウェイは金融機関が運営しているものは多くなく、日本国内では元々個人が運営していたものもある。
リップルラボがB2Bだけを視野に入れ、今後個人ユーザーを無視した動きをする可能性もあるかもしれない。大きな金融機関が顧客となれば投機だけを行っている末端ユーザーが無視されることは当然だろう。


その場合には投資、投機ユーザーは2の次となりXRPの価格維持も無視される。

将来的にXRPは無くなり、新たなプロトコルを開発する

信用のおける銀行間での送金ならばXRPは必要ない。将来的にXRPは完全に廃止され新たなバージョンとなる可能性もある。この場合も同様にXRPの価値はゼロとなるため投資、投機ユーザーにとっては痛手となる。

XRPからビットコインへ

生粋のビットコイナーはビットコインのようにdecentralizedでないリップルにはそもそも触れなかったり、後にビットコインの分散化の凄さに気がついた人はリップルから離れる傾向がある。本人確認の導入が決定されてからはその動きは大きい。

出回っていないXRPはどうなるのか?

リップルラボは元々価値のないXRPを1000億発行し、その一部を市場へ放出した。リップルラボは多くのXRPを今だに保有している。
XRPの価値が下がってしまうとリップルラボは困る

リップルラボにある、おそよ700億XRPを簡単に無価値にするはずがない。もし上記のようにXRPを廃止する場合にも廃止前までに徐々に市場に流すかどこかのタイミングで一気に売りを出すことだろう。この可能性が濃厚となれば個人ユーザーは引き際のタイミングが重要となっていくる。出金依頼が殺到すればまともに運営されていないゲートウェイも破綻に追い込まれる。

株式などの金融商品と違い仮想通貨の世界ではインサイダーの罰則や消費者保護は存在しない。以前に行われた日本人への注意喚起も万が一に備えてのものかもしれない。
日本の皆様に対する勧告: XRPの役割の説明
しかしながら、ボラティリティーの大きさや自己責任という側面は仮想通貨の魅力であり多くの人を魅了しているのも事実である。

参考元
ripple.com