The Abyss:世界初のDAICOがまもなくクローズ

レベニューシェア構造を備えた次世代デジタル流通プラットフォームであるThe Abyssは5月16日にセールを終了する。トークンセールへの参加はこれが最後のチャンスとなっている。ABYSSトークンを使用している場合、ユーザーには割引が適用され、その後、オークション、モチベーションおよび紹介プログラム、シンジケートおよび内部CPAネットワークはABYSSトークンのみに依存する。すべての売れ残りトークンはスマートコントラクトでバーンされることになる。

ところで、The Abyssは、ゲーム関連と暗号通貨の両方の世界で、影響力のある人たちの注目を集めている。World of WarcraftのプロデューサーであるRudy Koch氏は暗号通貨メディアにてThe Abyssプロジェクトに関する記事 https://cryptobitgames.com/the-abyss-crypto-platform-spotlight/ を書いている。さらにマルタでの暗号通貨の見通しに関するBloombergの記事 でThe Abyssが取り上げられている。

Bloombergの記事はこちら

The Abyssは世界初のDAICOを開催中でソフトキャップを24時間で達成している。

現在の調達額はETHで2,347,688ドルそしてBNBで1,711,846ドルとなっている。

The Abyssには大きなプランが用意されており、すでに現在AAAタイトルパブリッシャーと交渉中とのことだ。The Abyssは6月12日-14日にはロサンゼルスでE3、8月3日-6日には上海でChanajoy、その後8月21日-25日にはケルンでGamescomに出席する。チームは、この将来のゲーム配信プラットフォームが暗号化エコシステムをどのように実装するのかについて、参加者に回答することを楽しみにしている。

The Abyssのプロジェクト内容に関する日本語記事はこちら

The Abyssの公式ホームページはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。