タイの証券取引所はブロックチェーンクラウドファンディングプラットフォームを開始

タイの証券取引所は国内のスタートアップ向けのブロックチェーンクラウドファンディングプラットフォームを開始する。

LiVEと呼ばれるこの市場はスタートアップ企業や中小企業がベンチャーキャピタルファンドや機関投資家による資金調達をP2P取引を介して直接可能にするためブロックチェーン上に構築される。

公的部門と民間部門の8つの企業が、立ち上げ時にプラットフォームに加わり、さらに50社がブロックチェーンを利用した資金調達プラットフォームに参加することになっている。

ブロックチェーンプラットフォームに参加するには、登録する必要があり、機関投資家、ベンチャーキャピタル投資家、企業ベンチャーキャピタル投資家、または年間収入400万バーツ(125,000ドル)を超える特定の投資家、または50百万香港ドル(150万米ドル)を超える価値を有する複合資産を持つなどの資格を得ないといけない。

取引所会長のKesara Manchusree氏は
「 LiVEプラットフォームは、タイの成長を促進するための重要なメカニズムとなり、特に新興企業や中小企業がクラウドファンディングを通じてより多くの財政的なアクセスを可能にする。企業は、LiVEを活用してより幅広いターゲットグループに昇進させ、パートナーシップを利用して顧客基盤を拡大することができます。」と話した。

タイではビットコインミートアップも盛り上がりを見せている。
タイ、バンコクのミートアップに50名以上が集まる

参考元
ccn.com