タイでビットコイン投資詐欺により有名俳優が逮捕される。5,500BTCの被害

22歳のフィンランド出身の暗号通貨投資家アルト・オタバ・ザリマア氏はタイでビットコイン投資詐欺の被害に遭いおよそ5,500BTCを失った。

昨年6月複数のタイ人グループによりマカオのカジノで利用ができる暗号通貨ドラゴンコインへの投資と3社の株式購入をザリマア氏に持ちかけた。今年1月ザリマア氏はタイのビジネスマンChonnikan Kaeosali氏によりこの詐欺を知りタイCrime Suppression Division(CSD)に報告した。

CSDの調査によりビットコインはタイバーツに換金され7つの銀行口座に預金されていることがわかっている。全てのビットコインが換金されたかは不明だが約2400万ドル分が換金されたとしている。

また調査の結果、タイの俳優Jiratpisit “Boom” Jaravijit氏27歳がこの詐欺に関与し、金を受け取ったとして逮捕された。さらにJaravijitの兄弟もマネーロンダリングに関与したとされているが、国外に逃走したとされている。

ザリマア氏が投資をした5,500BTCが返ってくるかは不明である。ICOを装った詐欺は世界中で多発しており、暗号通貨の性質上、一度投資を行った場合返金されることはほぼ無い。自分自身で精査を行い自己責任で行うことが求められる。

参考元
bangkokpost.com