米小売企業ターゲットがビットコイン支払い導入か?暗号通貨エキスパートの雇用を募集開始

米小売企業でディスカウント百貨店チェーン「ターゲット」はEコマースでの販売強化を行うためビットコインやブロックチェーンへ理解がある人物の雇用を募集している。

今月7日にcoinality.comに投稿された内容によると勤務地はターゲットが本拠地を置く米ミネソタ州本社で、サイバーセキュリティやセキュリティアーキテクチャー、ブロックチェーンやビットコインに精通した人物の募集を行っている。

ターゲットのEコマース事業は年々成長しており、さらに2017年までに2億ドルもの投資をEコマース事業に投資する予定だ。一方で店舗を訪れる顧客は減少傾向にある。ターゲットはEコマースで販売する商品を保管する倉庫を持たずに、顧客の住所と近い店舗から商品の配送を行っている。これらの管理にもブロックチェーン導入は可能だろう。

今後ターゲットがビットコイン支払いを受け付けることを期待したい。

参考元
businessinsider.com
news.bitcoin.com


Leave a comment

Your email address will not be published.


*