第二の資金調達キャンペーン中のSynereoは3.4億円以上を調達中

分散型エコノミーを構築するSynereoは彼らのブロックチェーン2.0(RChain)の上に乗るSpecialK、Rholangをアナウンスし、新たな資金調達キャンペーンを実施中だ。

彼らのブログポストではブロックチェーン2.0(RChain)の上に乗るSpecialKとRholangについてより詳しく説明が行われている。SpecialKは画像、ビデオ、テキストなどの重たい情報をSynereoノード間に分配し要求に応じて取り除く独特のプロトコルである。

unnamed

RholangはReflective, Higher-Order process Languageの略でRChainのネイティブなスマートコントラクト言語(もしくはプログラミング言語)でもありイーサリアムのSolidityと匹敵する。Solidityと対照的にRholangはリフレクティブプログラミング言語でプロセス微積分学に基づき和らげられて安全な方法でプロセスの並行した実行と低次のものを基礎に高次のスマートコントラクトの構成を可能にする。

unnamed

第二の資金調達キャンペーンで3.4億以上を調達中

unnamed-1

第二の資金調達キャンペーン中のSynereoは現在3.4億円以上を調達している。Synereoが一体何をやろうとしているのかを知りたい人は最近発表された以下の動画がわかりやすいだろう。

Synereo公式ページはこちら


domeplatform