Synereoが2回目の資金調達キャンペーンを開始する

Synereoプロジェクトの次のステージへの突入とともに2回目の資金調達キャンペーンを開始する。9月中旬に開始される予定だ。
プロジェクト11:Synereoプラットフォーム上dAppsを作成するAMP補助金を貰おう。

この呼びかけはマルチーフェーズ資金調達戦略のセカンドラウンドとなり2015年に行われたICOに詳細が載っている。この戦略は、投資インパクトを最大にして、投資家とAMP所持者を資本浸食から保護するためのものとなる。開発ゴールに達成するためにスタートアップ産業が示すベストな慣行は複数の投資ラウンドを用意することで、アルファリリースはまさにSynereoがやろうとしていることである。

9月9日に行われるバンクーバーのカンファレンスにてアルファのデモが行われることになっている。参加者は彼らのデバイスに分散型ノードをインストールでき、アルファバージョンのソーシャルネットワークレイヤーにも参加できる。資金調達キャンペーンは来週開始される。

ソーシャルレイヤーのアルファのリリースは比較的単純なアプリケーションとしてリリースされるが、コミュニティーのフィードバックと提案をベースにさらに素早い開発が行われることによってプラットフォームと完全に分散するアプリケーションの基礎を成すその能力の成熟をマークする:いかなる中央集権的サーバーに頼らないコミュニケーション、コンセンサスの作成、P2Pネットワークによるファイルの保管と送信

Synereoは幾つかの分散型エコシステムのインフラストラクチャーの開発という次のフェーズに移行する準備が整っている。シェアリングエコノミーから最終的に分散型エコノミーへとリプレースするためにSynereoは人々に今回のキャンペーンへの参加を呼びかけている。

synereo

資金調達キャンペーン参加方法

株式投資

投資の呼びかけは金融イノベーションとテクノロジーに特化されたオンライン投資プラットフォームBnkToTheFuture.comのサポートによって促進される。適格とみなされた投資家は投資を行うことができ、Synereo LTDの株式を受け取る。最低投資は1,000ドルからだ。BnkToTheFuture.comより株式投資を行った投資家は投資額によってボーナスとしてAMPを受け取ることができる。BnkToTheFuture.comはクレジットカード、銀行振込、ビットコイン、その他アルトコインでの投資を受け付けている。

AMPセール

今回のキャンペーンでSynereoで保持されているすべてのAMPが売りに出される。このAMPは既に発行されているもので今回のキャンペーンのために保持されていたものである。このキャンペーンで新たにAMPは発行されない。Synereoは全ての取引に対して完全な透明性に徹しているためAMPのトランザクションはこちらより確認することができる。

セール価格

セールは決まった価格でAMPあたり33000 satoshiの価格からスタートする。価格は3ステップで上昇し、24時間以内にはボーナスが発生する。

ボーナスフェーズ:最初の24時間
最初の24時間はAMPあたり33000 satoshiで販売され、エクストラボーナスである100万AMPが購入量に従って分配される。

例:アリスは10,000 AMP購入し、最初の1日目に売れた合計が10,000,000 AMPの場合、アリスは10,000/10,000,000* 1,000,000=1,000AMPを受け取ることになる。

ステージ1(01-14日): AMPあたり33000 satoshiで販売

ステージ2(15-21日): AMPあたり36500 satoshiで販売

ステージ3(22-30日): AMPあたり40000 satoshiで販売

さらに、購入量によってボーナスAMPがもらえる:
synereo01.001

例:もしボブが40BTCの送金を行ったら、121212 AMPを受け取れる。そして9%のボーナスによって彼が合計で受け取るのは30 / 0.00033000 * 1.09 = 132121 AMPとなる。

unnamed

大口バイヤーが市場操作やすぐに売却することを防ぐためセールはSynereoより直接購入されるようにしている。全ての購入されたAMPはセールが完了した後すぐに同時に購入者に送られる。
既にマーケットでトレードされている暗号通貨のセールは初の試みであり、値段設定が非常に難しかったようだ。Synereoチームはコミュニティーと経済専門家と話し合い、既にいるAMPホルダーにとってフェアな値段設定を行った。

参考元
blog.synereo.com
synereo.com

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


domeplatform