スイス、ツークで公共料金支払いにビットコインを受け入れるテストが行われる

スイス、ツーク州の州都であるZUG(ツーク)で公共料金の支払いなどに暗号通貨決済を受け入れる実験が行われることが議論された。
実験では200フランまでを暗号通貨で支払い可能にする予定だ。今後この上限は大きくなる可能性もある。2016年いっぱい実験は続けられコストや収益の調査を行い今後続けていくかを決議する。

Zugにはすでに15社のフィンテック企業が存在している。Zug州は税率が低く政治的にも安定し生活水準が高い魅力的な州なのである。19世紀、スイスで最も貧しい地域であったZug州はここ最近15年で信じられない速さで成長し続けている。

新たな税法が導入されてから金融と貿易の中心地へと発展した。企業収益にかかる税率は15%、ホールディング会社など特権を持つ企業は8.8%である。米国や日本の40%の半分以下である。企業だけではなく個人の所得にかかる税率も低い。

ビットコインやブロックチェーンスタートアップ企業にとってとても利便性の高い地域なのである。

町長であるDolfi Müller氏は
我々はこの新たな体験を活用して今後、最新のテクノロジーを受け入れていくことを表したい。フィンテック企業をZugへ招き町議会にてアイディアの交換を行いたい。彼らと協力し合い我々の経済環境を繁栄して行くことが目標である。と語った。

参考元
stadtzug.ch


domeplatform