スイス公立大学がビットコインによる学費の支払い受け付けを開始

スイス、ルツェルン応用科学芸術大学はBitcoin Suisse AGと提携しビットコインによる学費の支払い受け付けを開始した。

暗号通貨を専門とする資産管理者および金融サービスプロバイダであるBitcoin Suisse AGは過去にファルコンプライベートバンクと提携し暗号資産管理サービスの提供を行っている。

他にもビットコインによる支払いを受け付けている教育機関は幾つか存在する。キプロスのニコシア大学やUKのカンブリア大学などが受け付けており、ニューヨークのMontessori幼稚園では10組の家族が31,000ドルの授業料をビットコインで支払っている

スイス、ツーク州の州都であるZUG(ツーク)では公共料金の支払いなどに暗号通貨決済を受け入れる実験が行われ、最近では、イーサリアムベースのID認証サービスがローンチされることが発表された。

これらのブロックチェーン関連の取り組みには、ルツェルン大学の研究者も関わっており、テクノロジーを利用したスタートアップ企業向けのワーキンググループである非営利団体Crypto Valley Associationのメンバーでもあることから、今回のビットコイン支払いの受け付けは自然な流れなのかもしれない。

参考元
coindesk.com


domeplatform