スウェーデン最大のオンライン株式ブローカーAvanza Bankはビットコインサービスの提供を開始

1999年に設立され、顧客数60万人以上を抱えるスウェーデン最大のオンライン株式ブローカーである、Avanza Bank Holdingsはクライアントにアカウントインターフェースを使用してビットコインとイーサリアムの価格をポートフォリオ上で確認できる機能を提供開始した。

CEO Johan Prom氏は「より多くのお客様が暗号通貨に投資しているため、我々の機能により直接その価値を追い求めることができるのは当然のことです。」と述べた。

しかし、Avanza Bank自体が暗号通貨サービスに積極的に取り組んでいるの対して、Avanza BankセービングエコノミストであるClaes Hemberg氏は過去にビットコインをネズミ講であり、OnecoinやMLMなどと変わらないと発言している。そのことから、スウェーデン中央銀行が数年以内に発行すると言われている独自暗号通貨「e-krona」に期待すると述べている。

Avanza Bank Holdingsは、米国企業のFidelityとUSAA、スロベニアの銀行Hranilnica Lon、ノルウェー最大のインターネットバンクSkandiabankenのようなビットコインサービスを提供する多くの金融機関に参加しています。スウェーデAvanzaブローカレッジグループは、顧客にバウチャーシステムを使用してビットコインを購入する機能も提供している。

一部を除いて多くの金融機関がビットコインに興味を示し、ビットコイン関連のサービスを開始または検討している。

投資銀行大手のゴールドマンサックスはビットコイン取引の開始を検討している。

SaxoBank、ビットコインETNを開始。投資家へ安全な暗号通貨投資を提供

チューリッヒの銀行はビットコインなどの暗号通貨資産の管理サービスを提供する

スイス、ファルコンプライベートバンクは暗号資産管理サービスに新たな通貨を導入

参考元
news.bitcoin.com