スウェーデン中央銀行、独自デジタル通貨の発行を検討

スウェーデンの中央銀行は独自のデジタル通貨を発行することを検討している。それがどのような技術を用いて行われるかは未定である。スウェーデンでは国内の現金使用率の減少により銀行が圧力に直面していると述べている。報告書によると、2009年より40%の減少が起こっている。

中央銀行のCecilia Skingsley は銀行は様々な種類のテクノロジーのトレードオフを検討していると述べている。ブロックチェーンについての言及は行われなかった。デジタル通貨の発行には前向きであるが、それを用いた犯罪行為に懸念しているようだ。

ブロックチェーンベースのデジタル通貨になるかは不明であるがこの研究が進めばスウェーデンは中央銀行がデジタル通貨を採用する最初の国家となる。
また、ここ数ヶ月でBank of Englandがブロックチェーンベースのデジタル通貨の発行を検討している。

参考元
coindesk.com


AUGUMENTORS

AUGMENTORS

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. 世界中の中央銀行で独自デジタル通貨の発行が検討される。〜キャッシュレスな時代へ突入するのか〜

Leave a comment

Your email address will not be published.


*