SWARMセカンドラウンドのOpenLabel、製品知識を世界中でシェア

SWARMセカンドラウンドで登場するOpenLabelは、製品の知識を世界中でシェアするためのアプリケーションだ。
あなたの製品に対する知識を世界中に届けることができる。

OpenLabelとはどういった仕組で働くのか?

  • 常に成長しているデータベース(29,886,246製品)からあなたらラベルしたい製品を選ぶ。
    データベース上に無い場合にはUPCバーコードをスキャンしてラベルを追加することができる。
  • おすすめの商品や避けたほうが良い商品など、あなた独自のラベルを作ることができる。
    例えば、『有害な化学物質が含まれている』など他の消費者に警鐘を促すことも可能だ。
  • あなたのラベルは即座にシェアされ、世界中の人々があなたのコメントを見ることが可能となる。

__________720

なぜOpenLabelの存在は重要なのか?

我々が知りたい情報はその製品のパッケージに記載されていない場合がほとんどである。
OpenLabelはコマースをより透明にし、消費者を賢くします。

参考元
theopenlabel.com
swarm.fund