Swarmの分散共同組織

なぜ大きなベンチャーキャピタルでなければオキュラス、Instagram、Uberに投資できなかったのか疑問に思いませんでしたか?2014年、いくつかの素晴らしいプロジェクト(イーサリアム、Maidsafe、StorJ、Swarm)は今までの投資の生態系とは違った形を披露しました。ブロックチェーンテクノロジーを利用してクラウドファンディングを行ったのです。

私たちは分散化、そしてコラボレーションを好み、投資を行ってシェアホルダーになることも好みます。素晴らしいプロジェクトを1から支えたいのです。それが生活を一新するようなアプリケーションでなくても、好きなものであればその一部となりたいのです。なぜSwarmがDCO(分散共同組織)を開発したかの答えはそこにあります。DCOによって人々は自らの選んだプロジェクトや会社の一部になることができるのです。ユーザーとコミュニティーが一番の資本であり、世界をまわしています。

どのような企業やコミュニティーも特定の法的枠組みに合わせる必要があることは言うまでもありません。コインを発行して株のように扱うことができない企業もあるでしょう。これらを解決するためにSwarmは素晴らしい大学や法律家とともに取り組んできました。そしてDCOモデルがこの問題を解決することを発見しました。DCOモデルはスタートアップにとってコインを発行して株のように扱うことをより簡単にします。VCも一般の人々も素晴らしいプロジェクトに対して同じようにアクセスが可能となります。

Swarm CEO Joel Dietz pitches at TechStars London W14のビデオはこちら

現在Swarmの第2ラウンドが開始されています。
swarm.fund