シリコンバレーの航空ビジネスプロバイダーSurf Airはビットコインとイーサリアムでの支払受け付けを開始

シリコンバレーの航空ビジネスプロバイダーSurf Airはメンバーシップとチャーターサービスを対象にビットコインとイーサリアムでの支払い受け付けを開始することをアナウンスした。

プライベートエアラインプラン「all-you-can-fly」はモバイルアプリより暗号通貨での支払いが可能だ。サービスはカリフォルニアやテキサス、ヨーロッパなどで提供されている。

同社は月額または年間料金を支払うことで何回でも搭乗が可能なサービスを提供している。乗客は、政府が承認したバックグラウンドチェックを通じて事前審査を受けているため、安全対策のチェックを待たずに搭乗ができる。

年間メンバーシップ料金はプレスリリースの公開時点でのレートでアンリミテッドグローバルプランは7.3BTCまたは156.2784 ETHである。

CEO Sudhin Shahani氏は暗号通貨支払の受け付けは航空サービスの向上と拡大を行う取り組みの一環と考えている。

「暗号通貨での支払は当初からアイディアにありました。Surf Airとビジネス行うための素早くシームレスな方法をメンバーに提供することができて嬉しく思います。」と話した。

日本ではHISが旅行業界初、ビットコイン決済を導入した。国内LCCピーチ・アビエーションも導入予定である。

世界的にみても、航空業界とビットコインの相性は良いようだ。

参考元
coindesk.com