ビットコインを人に勧めるための4つの方法

ビットコインを理解するにはなかなか時間がかかる。 ネズミ講や何かの宗教だと勘違いされてしまうと、友人が去ってしまう可能性がある(その程度の友人には去ってもらったほうが良い!)

ビットコインを勧める側は相手に合った勧め方をしなければならない。

(1)初めての分散型通貨
分散型であることがどれだけ凄いことなのかを理解してもらうには、相手のリテラシーの高さが要求されるかもしれない。
さらに、現在の金融システムに対してなにかしらの疑問などを感じていない限りは理解してもらうのは難しいだろう。全く理解してもらえなかったり、『そんなことどうでもいい』と言われてしまうかもしれないが、これが一番大切なことである。

先日ある証券マンにビットコインについて話してみたら『これは政府が守ってくれないんですね』と鼻で笑われてしまった…

(2)株、FXをやっている人に対して
株やFX取引が大好きな人に対しては、ビットコインを勧めやすいかもしれない。まずは、仮想通貨の時価総額ラインキングを見せつけよう。恐らく興味を持つはずだ。
レバレッジをかけれること、現金化も1日で可能なこと。株や為替よりもボラティリティーが大きいことも教えてあげよう。その人が英語を理解できれば完璧だ。

(3)ギャンブル好き、アダルト好きな人に対して
宝くじ、パチンコ、その他ギャンブルが好きな人にはビットコインが使えるオンラインカジノを紹介してみよう。他のオンラインカジノと違って匿名で参加できるため、クレジットカード情報などを抜き取られる心配がない。

アダルト好きな人に対しても匿名でアダルトチャンネルに参加できることを教えてあげよう。
XOTIKA.TV、『私がオンラインの時に野性的、そして変態になりましょう。』

(4)ハスラー、風俗嬢、ポン引き
ストリートや夜の世界で稼ぐ人々は稼いだお金を銀行には預けない傾向がある。マイナンバー制度の導入などもあり、現在彼らは恐怖を感じていることだろう。タンス預金より安全であることやオンラインショッピングを駆使すればビットコインを使って日用品も購入できることを教えてあげよう。