ラスベガスのストリッパーはビットコインアドレスQRコードのタトゥーシールを貼りチップの受け取る

ラスベガスのストリップクラブLegends RoomにてストリッパーたちはビットコインアドレスQRコードのタトゥーシールを貼りチップの受け取りを行っている。

The Legends RoomはアメリカのポルノスターであるAsa Akiraがキュレーターを務め、UFCの殿堂Stephan Bonnarなどが運営を行う。多くのUFCファイターや世界的に有名な人物が訪れるストリップクラブである。

昨年2月ブロックチェーン技術を使ったデジタルトークンでメンバーシップIDの発行を行うことをアナウンスしている。
ラスベガスのストリップクラブ、メンバーシップIDをデジタルトークンで発行開始

オーナーのNick Blomgren氏は
「私たちは約1年半前にこのビットコインをどのよう活用できるか、アイデアを思いつきました。まず、私は総合格闘技のジムを持っているので、そこで活用することを思いつきました。ストリップクラブでの暗号通貨支払いは、あなたの妻に知られたくない場合などに有効です。」と話す。

ストリッパー以外にもDJは給料の一部を暗号通貨でもらうという。

実際にクラブでの支払いでビットコインは頻繁に利用されているようだ。

オンラインなどでアダルトグッツなどを購入すると、クレジットカードの支払い履歴に残る可能性がある。それを家族に見られてしまった場合『なぜ私にはあのプレイをしてくれなかったの?』と問い詰められてしまう。

ヤバいアダルト作品はビットコインで購入しよう

ビットコインを受け付けるアダルトライブチャットサイト9選

東京にあるデリバリーヘルスとホストクラブがビットコイン支払いを受付

参考元
bitcoinist.com