イーサリアムに移転するStorjはなぜ独自のコインを利用するのか?

先日、カウンターパーティープラットフォーム上でのプロジェクト持続を不可能と判断しイーサリアムに移転することを発表した分散型クラウドストレージプロジェクトのStorjだが、彼らが独自のトークンを利用する必要性はどこにあるのだろうか?彼らがStorjコインを必要とする理由が以下にまとめられている。
STORJが高騰中、カウンターパーティーからイーサリアムに移転

  1. 分割性: Bitcoinは、小額支払いに必要な細分性をサポートするのに十分なほど分割できない。 2015年のブログ記事で説明が行われている。
  2. ブートストラッピング: 彼らが初めてネットワークを始めたとき、Storjは空の市場であった。ファーマーもレンターもなく、売買するものない。 Storjは規模でしか動作しない。 SJCXを使用してStorjネットワークをブートストラップすることで、システムをキックスタートさせることができる。これは、規模の問題を特定して修正するのに役立ち、より大きく、より安定したネットワークの道を開く。
  3. 柔軟性: テクノロジーは時間の経過と共に発展し、変化して行く。独自のトークンを使用することで、特定のテクノロジに縛られることなく、標準に移行することができる。
  4. 安定性: 暗号化市場は激変している。別個のトークンは、より大きな市場のボラティリティからの保護の層を提供する。ボラティリティは、長期保管契約の場合、非常に危険である。
  5. インセンティブ: Storjのトークンは、一流のテクニカルサポート、マーケティング、文書化、開発などのタスクを実行するために彼らを補い、彼らの勤勉のためにコミュニティメンバーにインセンティブを与える非常に重要な部分であった。トークンはスタート時より20倍近くになっている。

coinmarketcap.com

  1. マイクロペイメント: ハブベースのマイクロペイメントネットワークでは、チャネルに資金が詰まる必要がある。これらのハブは、オペレーター(これらの決済ハブを維持するために高い手数料を要する)ではなく、ネットワークによって資金提供することができる。これにより、トランザクションを迅速に行い、ユーザーに対して低い取引手数料を提供できる。
  2. 通貨: 成長するにつれ、より広いイーサリアムの生態系をサポートし、長期的なパートナーシップを構築することに関心を持っている。利益と目標を揃える独自の資金調達メカニズムを持つことで、戦略パートナーに柔軟性がもたらされる。
  3. 生態系: Storjトークンは、Storj生態系内で正のフィードバックループを可能にする。ファーマーはディスクスペースを共有するトークンを獲得し、それを使ってデータストレージサービス自体を貸し出すことができる。
  4. 将来: BitcoinやEtherを使用できない方法でトークンを使用する予定である。例えば、SIP0002に記載されているStorj特有のシグナリング。

参考元
blog.storj.io


GameCredits

GameCredits

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA