スターバックス CEO、暗号通貨決済導入を示唆。「暗号通貨は消費者に定着する。」

米大手コーヒーチェーンであるスターバックスのCEO ハワード・シュルツ氏は ブロックチェーンという新技術を利用した暗号通貨が短期間では普及しないことを踏まえながらも、 「ビットコインに限らず、暗号通貨は消費者に定着する。」と語った。

さらに、「私は会社の将来と消費者行動の将来について考えており、ブロックチェーン技術から正当で信頼できる暗号通貨が1つまたは2つ存在すると個人的に信じているので、これを実現しています。」と暗号通貨決済導入を示唆した。

この発言に対して、これはビットコイン決済を導入するという意味ではないことを強調している。さらにビットコインが将来的に通貨として存続できるのか定かではないと話した。

シュルツ氏はスマートフォン決済を早期に採用している。暗号通貨やブロックチェーン技術が普及するにつれ暗号通貨決済の導入は、今後数年で有利になると考えているようだ。

参考元
time.com