SophiaTX:トークンジェネレーションイベントが開催中。30,938,398SPHTXが販売される。

SophiaTXトークンジェネレーションイベント(TGE)が12月7日より開催されている。現在ラウンド2ですでに30,938,398SPHTXが販売された。残り37時間で次のラウンドに移行しトークン価格は10%上昇する。
SophiaTX:ビジネスのためのブロックチェーンプラットフォーム。

SophiaTXプロジェクトでは、既存のブロックチェーン技術力を詳細に分析し、価値を付加してビジネスに適切な戦略とプラットフォームを提供することを前提にしている。プラットフォームと実際のビジネス採用に重点を置くことで、ビジネスとその顧客が相互作用する方法と、デジタル技術によってエコシステムがどのように継続的に再定義されるかというブロックチェーンの最も革新的な進歩のとなる。

SophiaTXの、TGEは他の大規模な資金調達方法とは異なり、参加前にKYCとAML(マネーロンダリング防止)チェックを必要とする厳しい規制を守ってきた。これにより、すべての参加者が実際の人物であり、関係するすべての人を守ることが保証される。

SophiaTX TGEランディングページには、すべての参加者の詳細な手順が記載されており、プロセスを可能な限りシームレスにして、参加したい誰もが手間や複雑さを感じることなく参加できるようになっている。

トークンジェネレーションイベントの詳細

  • SophiaTX TGEは合計10日間、5回のラウンドにわたり行われる(各ラウンド48時間)。各ラウンドには30,000,000 SPHTXトークン割り当てられる。TGE全体で合計150,000,000個のSPHTXトークンが生成される。
  • 第1ラウンドの開始価格は1 SPHTX = 0.00062789 ETH。その後の各ラウンドでは、10%ずつ価格は上昇する。
  • TGE全体のハードキャップは115,000 ETHに設定されており、ソフトキャップはなく、参加者の最低購入額もない。
  • TGEの終了時に残っているトークンは、既存のSPHTXに応じて投資家に比例配分される。
  • 参加者はBTC、ETH、またはDCTを使用可能。 DCT参加の場合、10%のボーナスを得られる。
  • TGE後、SPHTXトークンは48時間以内に参加者のETHアドレスにERC20トークンとして配布される。 (参加者は、KYCおよびTGEの登録中に同じETHアドレスを提供する必要がある)

SophiaTXはオープンソースであり、伝統的なエンタープライズアプリケーションをより堅牢で協調的かつ分散化されたブロックチェーン対応のビジネスモデルに拡張することができる。

SophiaTXのCEO、Jaroslav Kacina氏は「ブロックチェーンをSAPと他のビジネスシステムと統合することで、企業は効率性を高め、バリューチェーンに沿って協力し、ビジネスモデルを再構築することができます。」と述べている。

SophiaTXチームはホワイトペーパーを発表し、SophiaTXを使ってどのように企業システム間で情報を透明かつ確実にリアルタイムで交換できるかを実証する実証済みのProof of Conceptを発表した。

Sophia TXに関する記事はこちら
公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。