SophiaTX:プラットフォームの燃料となるSPHTXトークンの詳細

SophiaTXは、ビジネスアプリケーションとソリューションを統合するブロックチェーンプラットフォームおよびマーケットプレイスである。これはスケーラブルで柔軟なソリューションであり、P2Pアーキテクチャと分散化が望ましく、企業向けの特殊なプロセスとモジュールを備えた新しいアプリケーションの基盤となる。
SophiaTX:ビジネスのためのブロックチェーンプラットフォーム。トークンジェネーレーションイベントを開催する。

プラットフォームは、マイニングおよび取引手数料のカバー、開発プラットフォーム、市場へのアクセス、サブスクリプションの許可、資産またはマイクロ資産、サービスの売買、およびアプリ内購入の許可に使用されるSPHTX(SophiaTXトークン)によって促進される。 SophiaTXマーケットプレイスが作成され、取引アプリケーションと資産、ノウハウ、プロセスマップと設計図、インテグレーション、プロのコンサルティングサービス向けに設計され、アダプションと利用環境のスピードアップを実現させる。

「最初の18ヶ月以内に、Proof of Conceptとプロトタイプの検証が完了した後、SAPはエンタープライズアプリケーションとの接続を可能にし、その後すぐに他の主要アプリケーションが続きます。」SophiaTXとEquidato Technologies AGのCEOであるJaroslav Kacinaは語る。

SophiaTXは、他のERP、CRM、SCMソリューションとの統合を提供すると同時に、高度な暗号化メカニズムを使用してビジネストランザクションのプライバシーと機密性を保護する。SophiaTXは、プラットフォームの全機能と簡単なユーザインタラクションのための完全なWeb環境を備えたモバイルアプリをローンチする。

2019年以前に登場するSophiaTXは、IoTとの複雑なインターフェース、プラットフォームの技術によって可能にされるプロセスの自動化とプロセスの最適化、データのアーカイブ、保持、洗練された分析といった他の機能によってさらに強化される予定だ。 SophiaTXチームは、クライアント、コミュニティ、およびより大きなビジネス環境の期待を考慮して、開発中のさらなる進捗状況を確立していく。

トークンジェネレーションイベントによる収益の利用目的

マイニングおよび取引手数料をカバーしプラットフォームは稼働するためのトークンSPHTXのジェネレーションイベントが12月5日より開催される。これによる収益は、以下の方法で使用される。

  • 45%:SophiaTXコア、インターフェースの研究開発と運用
  • 35%:アウトリーチ、インテグレーション、パートナーシップ、マーケティング、ビジネス開発
  • 10%:立法および準拠支援基金
  • 10%:SophiaTXイノベーションラボ

トークンジェネレーションイベントの開始価格は1 SPHTX = 0.00062789 ETHとなり、5ラウンド目には0.00091929 ETHまで上昇する。生成されるトークンの総数は500’000’000 SPHTXで、トークンは次のように割り当てられる。

  • 30%:SPHTXトークンジェネレーションイベント
  • 5%:将来のトークンジェネレーションイベント
  • 35%:開発、運営、マーケティング、チーム
  • 30%:マイニング(25年)

これは次のようになる。

  • 150’000’000 SPHTX – トークンジェネレーションイベント
  • 25’000’000 SPHTX – 将来のトークンジェネレーションイベント
  • 175’000’000 SPHTX – 開発、運営、マーケティング、チーム
  • 150’000’000 SPHTX – マイニング(25年)

トークンジェネレーションイベントは12月7日より5ラウンドに渡り開催され、10日間継続される。
SophiaTX:ビジネスのためのブロックチェーンプラットフォーム。トークンジェネーレーションイベントを開催する。

ホワイトペーパーはこちら
公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。