SophiaTX:ビジネスモデルを再定義するブロックチェーンプラットフォーム

ビジネスモデルを再構築するためのブロックチェーン活用

SophiaTXは、Equidato Technologies AGが率いる革新的なプロジェクトで、エンタープライズアプリケーションとブロックチェーンの世界をつなぐためのオープンソースプラットフォームを立ち上げた。あらゆる規模のビジネスに適したSophiaTXプラットフォームは、SAPの専門家、コンサルタント、開発者のグローバルコミュニティがすべての業界の企業にブロックチェーン機能を提供することを可能にする。このアダプションは、幅広く使用されるERP、CRMシステム用に開発されたAPI、共通のビルディングブロック、およびブロックチェーンネットワークでサポートされているそれぞれのAPIとの相互接続が可能なビジネスアプリケーションを含む市場によってサポートされる。

これまでのアプローチは社内のIT環境を保護することに重点を置いていたが、この新たなアプローチは、急速な技術革新と企業の伝統的な壁を超えた競争力によって推進される。ビジネスアプリケーションをブロックチェーンに接続する潜在的な用途と関連する利点は数多く存在し、実際には企業プロセスが探求されれば急激に拡大する可能性があるのだ。 2017年7月、SAPの企業ファクトシートによると、Forbes Global 2000 企業の87%、100の最も価値の高い企業の98%がSAPソリューションを使用しているのだ。

McKinsey&Companyの分析によると、2013年第1四半期から2016年第2四半期にかけて、ブロックチェーン関連企業へのVC資本流入の平均31%の四半期増加が見てとれる。これはブロックチェーンと従来のエンタープライズソリューションの接続を表している。「企業は自らの内部能力に完全に頼ることはできない。 競争の激しい企業が革新を続けるためには、新たな技術、プラットフォーム、専門サービスが急速に登場している。」とSophiaTXとEquidato Technologies AGのCEOであるJaroslav Kacinaは、指摘する。

9カ月前のプロジェクトの始動の際に、SAPの全分野で15以上の異なるユースケースが特定され、商業的に検証された詳細な調査が行われた。焦点は主に、SAPや非フィンテック分野で、ブロックチェーン技術の不足しているケースであった。チームは、銀行業のような高度に規制されたセクターとは対照的に、広範な規制なしに、迅速に実施できる実用的なケースに取り組むことを決断した。

この結果は、ブロックチェーンが財務以外のコラボレーションを大幅に向上させるだけでなく、多数の業種にわたるビジネスエコシステムを再シャッフルできることを真に鼓舞し、確認することができた。 CEO Jaroslav Kacinaのビジネスパートナーで共同設立者のDECENT CEOのMatej Michalko氏は、次のように述べている。「企業でブロックチェーンを使用する機会は数え切れず、業界固有の知識、エンタープライズアプリケーションの技術経験、ブロックチェーン技術による新しい革新的なアイデアを組み合わせることが重要です。」

2017年12月7日にトークンジェネーレーションイベント(TGE)を開始することを発表した。SophiaTXトークンジェネーレーションイベントは10日間継続され、5ラウンドにわたり、30,000,000トークンが利用可能となる。

SophiaTX:ビジネスのためのブロックチェーンプラットフォーム。トークンジェネーレーションイベントを開催する。

ホワイトペーパーはこちら
公式サイトはこちら

※プロジェクトへ参加される際は自身で利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資を行い損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。