Skychain:人工知能(AI)により医療機関の誤診問題を解決する

健康状態の悪化に苦しむことは、すべて人たちが避けたいことである。しかし、さらに悲劇的なのは、病気が誤診され、治療が遅れた場合だ。ワシントンポスト医学研究所の報告を引用すると、国立科学アカデミーは、誤診は比較的一般的な現象であると主張している。毎年、アメリカでは1200万人以上の成人が罹患している。これは外来治療を受ける患者の約5%となる。驚くべきことに、この記事では、悪化し、結果が重大になる可能性があると主張している。「間違った診断をする医師のステレオタイプは必ずしも正確ではない」と述べられている。しばしば、それは医療システムのエラーにより起こる。このソリューションでは、診断方法のプロセス全体を根本的に見直すだけで十分である。
Skychain:ブロックチェーンを利用した人工知能(AI)ヘルスケア、そのユースケースとは?

貴重なセカンドオピニオン

セカンドオピニオンは、外来や病院内で重症患者のために致命的になり得る間違いを防ぐことが可能だ。Skychainプロジェクトによるブロックチェーンソリューションは、それを目指して人工ニューラルネットワークをホストして訓練するる。それにより、医師や患者への補佐として活用される。Skychainは、10年以内に医療過誤を発見する手助けをすることで、早期死亡から10万人の患者を救うことを望んでいる。医療環境におけるANNの使用範囲は非常に大きい。IBMは今後数年間、医療だけで人工知能が200億米ドルに達すると予測している。Skychainは、その70%をコントロールする意欲的な目標を設定している。

プロジェクトプロトタイプの作成

Skychainはサイエンスフィクションのように聞こえるかもしれないが、実際のプロトタイプが既に用意されている。スマートコントラクトを使用して大規模な医療データプロバイダ間の取引を支援することで、SkychainはAIのトレーニングに関連する費用を100倍も削減することが可能だ。Skychainは、システムと実際の医師との間で、すでにプロジェクトの能力を実証している。この実験では、医師は診断検査を検査するように求められ、その結果が比較された。テストの結果は、人間の診断に驚くほど近かった。Skychainは、研究所、患者、医師間のギャップを埋める統一されたインターフェースであることが証明されている。Skychainは、医療用ニューラルネットワークを将来すべての参加者が同時に利用できるようにする方法へと変えることを実現させる。このプロジェクトの分散性は、AIの最高専門家が他の組織や国家が集めることのできない量のデータを使ってニューラルネットワークにより教えることを可能にする。

Skychainトークンの詳細

Skychainトークン(SKCH)は、Skychainプラットフォームの核となる。3600万ドル分のSkychainトークンは、プロジェクトのプレセール前および、セール期間中に販売される。セールは3月31日により開催されている。各SKCHは1.25ドルで販売されている。イーサリアムとビットコインによる購入が可能だ。トークンの販売は、製品開発とエコシステムの開発を可能にするため、プロジェクトにとって重要である。

システムの素晴らしさは、本物のオープン性を可能にするため、専門家や医療機関のようなプラットフォームのユーザーは、独自のニューラルネットワークを生成し、その診断用途のためにSKCHで報酬を得ることができるということである。ネットワーク上の他の人は、ニューラルネットワークの有効性を判断し、それに応じてそれを評価することができる。ニューラルネットワークを使用する推論要求、ニューラルネットワークトレーニングの要求、ニューラルネットワークの更新など、多くのトランザクションがネットワーク上で行われる。

ホワイトペーパーはこちら
Skychainの公式サイトはこちら
Skychain日本語テレグラムグループはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


ETH TOWN

ETHTOWN