Skychain:人工知能(AI)による治療中の医師に与えられるインスタントセカンドオピニオンの重要性

医学的緊急事態は発表されない。緊急治療室では、すぐにケアを受けることが期待されるが、時には医師が他の患者を優先して診察する必要のある場合もある。混雑時には多くの患者の世話をするための、ミスを起こすことがあるのだ。カナダのCBCは最近、「病院救急室の過密状態により廊下で診察が行わると、患者は誤診、または治療の遅延を経験する可能性が高くなる。」というレポートを発表した。医学会議で調査された400人の救急室医師の90%が 、プライバシーが不足しているときに身体検査を行う方法を「頻繁に、あるいは常に変えている」と認めている。

これらの誤診が行われないようにするには、治療中の医師に与えられるインスタントセカンドオピニオンであり、それは時間制限を受けた場合でも意思決定に自信を持つことが可能だ。これは人工知能(AI)が果たすべき大きな役割である。人工ニューラルネットワーク(ANN)は、患者の問題を確認するために専門家によって訓練され、世界中のアドバイスを求める医師が利用することができる。Skychainプロジェクトは、これらのANNのトレーニングに特化したブロックチェーンインフラストラクチャのであり、医療の仕方を変えようとしている。

AIと人間の医者を比較できるのか?

Skychainは既にテスト準備が整った作業プロトタイプを構築しており、専門医とそのAIとの競争を行っている。それが機能するには、システムに患者の診断テスト結果が与えられ、データを評価して診断を提示しなければならないということだ。競技会の医師も同じことをしなければならなかった。結果は驚くほど良く、YouTubeビデオで見ることができる。Skycainはブロックベースのシステムであり、広範なユーザーベースを持つため、ブロックチェーンの分散性を利用することを選択した。トークン化は、専門家がANNを訓練し、より広いエコシステムに参加するように促され、広範な参加を促す。より多くの参加者がシステムを使用するほど、特定の患者に何が間違っているのかを推測すること可能になり、より訓練されたANNは医師の判断に役立つ。

Skychainチームは専門知識に基づいて構築されている

Skycainプロジェクト創立者のゲンナディ・ポポフは、医療分野とプログラミングの背景を持っている。彼はプログラマーとして10年の経験を持ち、医療検査室の自動化と医療診断画像の自動認識に取り組んできた。最高業務責任者(COO)のAlexander Kuzminは、マルチエージェントシステムやANNでAIを扱うプロジェクトに携わってきた。最高技術責任者Ivan Svistunovはビックデータ、暗号技術分野の産業用ソフトウェア製品設計者であり、2010年以降のプログラマーである。他のチームメンバーも技術的背景を持ち、プロジェクトをサポートする能力を持っている。どのようにプロジェクトが形作るかは、救急医療だけでなく、医学自体も再定義するでこととなるだろう。

薬の未来に参加

救急室での命を救うことは医者が行うべき領域かもしれないが、彼らを助けることは一般の人々が行うことができるものである。Skychainプロジェクトコミュニティへの参加は、2018年4月8日に終了するセールによって可能だ。Skychainトークン(SKCH)は、1トークンにつき1.25ドルで販売されている。これらのトークンは、ビットコイン、イーサリアムで購入可能だ。計1440万トークンが販売される。SKCHはプロジェクトの開発において中心的役割を果たし、また、ニューラルネットワークを使用した推論、ニューラルネットワークの更新、ニューラルネットワークトレーニングなどの要請に応える。また、SKCHは、ANNをトレーニングする際に専門家が得られるインセンティブとなる。

Skychainは現在セールを行っており、4月8日まで開催される。すでに9,880,073トークンが販売されている。セールのハードキャップ12,000,000トークン目前となっている。

ホワイトペーパーはこちら
Skychainの公式サイトはこちら
Skychain日本語テレグラムグループはこちら

※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。


ETH TOWN

ETHTOWN